• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑寿庵清水
2008年09月26日 (金) | 編集 |
日本で唯一の金平糖専門店。「美味しんぼ」にも登場した百万遍にある金平糖屋さん
「緑寿庵清水」に行ってみました。

緑寿庵清水外観
店内は思ったよりせまく、人がすれ違うのもやっとなくらい。
入るとすぐに和服を着た綺麗な店員さんが試食の金平糖をすすめてくださいます。
「こちらが紫蘇でございます」え、紫蘇とかあるんだ~。手のひらに一粒のせてもらう。
「噛んでください。とてもおいしいですよ」ほうほう噛むのね。カリッ………。
うはっ!すごい!噛んだ途端に紫蘇の香りがバ~~ッと広がる!
金平糖ってこんなにおいしかったんだ~感動した!ひなびたお土産屋さんの片隅に
おいてある100円くらいの色とりどりの「金平糖もどき」とはぜんっぜん違う!!
続いて「ライチ」の金平糖 ∑('◇'*)エェッ!?ライチ?? そんなのもあるんだ。
「こちらも噛んで下さいね」わかってますとも噛むんですよね!どれどれ…。
!!!うまっ!こちらも噛んだ途端にライチライチライチ!!すごいライチ感です。

金平糖 ライチ ライチ1
他にも数種類の金平糖があったけど今回は9月発売の「ライチ」と「ラ・フランス」を購入。
ライチの皮の色をイメージした袋入りの金平糖がカゴの中に5個入ってます(・∀・)

金平糖 ラフランス
ラ・フランスもカゴ入り。噛むと期待通りにラ・フランスの芳醇な香りが口いっぱいに広が
ります。まだまだ外は暑くて残暑真っ只中ですが、一足先に秋を感じました♪

金平糖の核は、イラ粉という餅米を細かく砕いたものだそうで、これを回転している大き
な釜の中に入れ、十分に温まったところで、グラニュー糖を煮溶かした蜜をふりかける。
水分を蒸発させてはまた蜜をかける、という作業を二週間繰り返してやっとあの金平糖
になるとのこと。なるほど。そりゃお高いはずだわぁ。スイーツ買うときに値段で迷うって
ことはあんまりないんだけど、ちょっとどうしようかなと迷ってしまいました(;´▽`A``
値段は自分の金平糖概念を覆すお高さ加減だけど、十分それに見合う味でした。

季節ごとの限定商品のほか「究極の金平糖」という年に一度しか作られない金平糖が
あり、こちらは毎年キャンセル待ちが出るほどの人気だとか。
桐箱入りと、ガラスの蓋物入りがあります。店内にガラスの蓋物容器がディスプレイされ
てたけど、すごく素敵でした。( ゚д゚)ホスィ…

いやぁ、いいもん食べた~!お取り寄せしたい一品でしたヾ(´ー` )ノ

【お店HP】緑寿庵清水

f_01_20081019062854.gif banner_04.gif ←よかったらポチっとクリックお願いします☆

コメント
この記事へのコメント
いろんな味の金平糖があるんだね~v-10
見た目もきれいで、おいしそう♪
2008/09/26(金) 01:00:00 | URL | hal #-[ 編集]
(゚∇゚*)(。。*)ウンウン まだまだたくさんの種類があったよ~v-344
2008/09/26(金) 07:11:26 | URL | くいしんぼちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。