• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イヴァン・ヴァレンティン
2016年01月31日 (日) | 編集 |
白地に黒でロゴが印刷された、スタイリッシュな雰囲気の箱。 宝石箱のように
パカっと開くとチョコレートの説明書。その下に2粒!鎮座してました。

イヴァン バレンティン
ゴロゴロした無骨な印象を放つトリュフチョコレートですが、こちらのチョコレートは
ハリウッドスターや、五ツ星ホテルなどを主要な顧客としていて、一般では紹介が
ないと購入できずまた実店舗もないことから「幻のチョコレート」とも言われて いる
そうです。日本では最近になって、バレンタインの時期に百貨店で購入できる
ようになりました♪

ダークチョコレートトリュフとプラリーヌミルクチョコレートトリュフが入った2粒セット。
ダークの方はリキュールの効いたお味。プラリーヌミルクの方はヘーゼルナッツの
風味でした。

柔らかいガナッシュがパリっとしたチョコレートでコーティングされています。
濃厚なカカオの香りと酸味・苦味・甘みが、じんわりと、そしてゆっくりと舌の上で
蕩けるように滑らかに溶けていきます。とても濃厚な味なのに後味はスッキリ。
美味しいチョコレートを食べた!という余韻だけが残ります。

“一粒の幸福”まさにそんな感じでした(*´ェ`*)





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。